レドモンド・コリンズ

FutureWay Solutions LTDのエンジニア、創設者およびCEO

私は1967年7月12日にオーストラリアのシドニーで生まれました。
子供の頃から電車が好きで、機械工になりたかったのですが、電車の構造がもっと面白くなりました...

1990年に、シドニー大学工学情報学部を優等で卒業しました。

レドモンド・コリンズ

1990年から2009年まで、私はエージェンシーのCityRailに勤務しました。私は主任技術者の立場になりましたが、それ以上の見通しが立たなかったため、別の業界に挑戦することにしました。

RailCorp

ワンレールオーストラリアで働く

ワンレールオーストラリア

2010年、私はOne Rail Australia(当時は「Genesee&Wyoming Australia」)に似た立場で参加しましたが、革新的な鉄道技術を開発して実装する機会がありました。

私のチームは大きな進歩を遂げており、すでに2011年には、オーストラリアのほぼすべての列車が中央空調とWi-Fiを備えていました。これらはささいなことですが、鉄道輸送の突破口となりました。

2019年まで、乗客の快適さのために多くの革新を行ってきました。普通のベンチはもう見つかりません。今日、すべての列車には少なくとも3つの調整位置がある快適な座席、優れた遮音性、革張りのソファとさまざまなマッサージを備えたVIPクラスが登場しています。多くのレストランが私たちが実施したサービスをうらやましがります!

ハイパーループは交通の未来

2019年、私がOne Rail Australiaを去ったとき。当時、6年間、天才のElon Muskが提案したHyperloop(真空トレイン)プロジェクトのアイデアに悩まされました。

私は大人の人生をこの職業に専念させた鉄道エンジニアです。もちろん嬉しかったです!それでも、交通の未来がはっきり見えて、他に何も考えられず、何日もドローイングを描き、数式を計算して、もう近くにいるように見えましたが...

ハイパーループのコンセプト

確かに私はすべての初心者ビジネスマンのように官僚制度に直面しました。そして、夢は2020年まで夢のままでした。夢が叶わず、何かを変えることにしました。

最初に仕事を辞めました。すべてを比較検討し、何をすべきかを理解するのに少し時間が必要でした。図面とHyperloopプロジェクトのビジョンを、何らかの形でそれに関連しているすべての企業に送りました。運輸業界で30年の経験があり、成功を確信していました。 2020年の春、ヴァージングループから返信がありました。

バージン

手紙全体を引用することはしませんが、主なフレーズを書きます。
「私たちはあなたの開発を本当に気に入っており、それらを購入する準備ができています。」

FutureWay Solutions LTDの公式登録

自分の作品を他人の名前で着てほしくないのですが、自分のデザインが承認されて大喜びしました。私は自分の会社を作り、どんなに費用がかかっても、すべてのプロジェクトを実行することにしました。私の会社は他のどの会社よりも多くの人に与えることができるので、私にとってこれはビジネスプロジェクトではなく、私の人生の目標です!そして今日、2020年8月にFutureWaySolutionsという自分の会社を紹介したいと思います。必要書類を集めた直後、イギリスのロンドンで会社を登録しました。私はすべての貯蓄を、パートナーの保険として機能する会社の授権資本の質権として誓約しました。その後、投資家の支援を得て、UAEでFutureWayの生産と設置を開始しました。

FutureWay Solutions LTDの活動分野

もちろん、同社の主な目標は、独自のインフラストラクチャの開発と、世界中のFutureWay輸送システムの実装です。ただし、これには多くの時間と財源が必要です。そのため、当社には投資分析部門と戦略開発部門があります。最初の1つでは、エンジニアとビジネスアナリストを含むフォーカスグループが、提案された将来の投資輸送プロジェクトの事業計画を詳細に調査し、会社のパートナーの投資を蓄積するFutureWaySolutionsキャッシュファンドからの投資資金を決定します。別の部門は、熱心なエンジニアのチームと協力して、将来の輸送プロジェクトを開発し、UAEとヨーロッパでの技術の実装とFutureWayラインの立ち上げに関する具体的な計画を立てています。

現在、米国の正規代理店から部品と材料を購入しています。 2020年秋には、ハイパーループ部品の自社工場を建設する予定です。同工場は中国を拠点とする。今、私の主な目標は、FutureWayを使用して地球のすべてのポイントを接続することです。

これは私たち、私たちの子供、孫、そしてひ孫の未来への道です!